しびれに神経は関係ない

このページでは、しびれを専門としてたくさんの患者さんを見た経験と、それに合う論文が実際にあるので、一緒に紹介していきます。 

ページ概要 → クリックで移動できます。

正常な神経を圧迫しても症状は出ない

単純にしびれに神経は関係ないといわれても、「おかしな話をしている」としか認識されません。しびれ= 神経の問題 「常識だった」からです。 しかし、現代は、常識が変わってきています。

博士「正常な神経は圧迫しても、しびれも痛みもない」

坐骨神経痛に代表される神経性の痛みは、神経が刺激されて痛みが出ると

言われていました。 しかし、

正常な神経を圧迫しても痛みも、

しびれも発生しなかった。

 著書「痛みのメカニズム」には

こう記載されています。

「正常な神経の圧迫は痛みを生じない」

「動物実験でも同じ結果」

詳しくはこちら

「臨床医のための痛みのメカニズム」より

横田敏勝(滋賀医科大名誉教授)

 

神経痛一般の発現機序

痛覚線維の生理的興奮は、その末梢の自由終末にある痛覚受容器(侵害受容器)が刺激されたときにみられる。

【痛みは痛みを感じる細胞から痛みと感じる】

自由終末と脊髄を継ぐ部分からインパルスが発生することはめったにない。

【痛みを感じる細胞があるために、神経からは痛みを出さない】

痛覚受容器を介さずに神経線維からインパルスが発生することを異所性興奮という。異所性興奮を生じる可能性が高いのは、脱髄部および傷害された末梢神経の側芽と神経腫である。

【痛みの細胞を使わずに痛みを出すのは、癌などのときだけである。】

 

神経根痛

脊髄後根を圧迫すると神経根痛(radicular pain)がでて、圧迫された後根の支配領域に痛みが走るとみられている。

【神経(ある部分)を圧迫すると痛みを出す】

しかし、この考えは特別な場合にしか通用しない。

たとえば、脱髄線維を含む脊髄後根への機械刺激は神経根痛を誘発するが、正常な脊髄神経根の圧迫は痛みを生じない。

【ただこれは、正常な神経の圧迫に痛みを出さない】

実験動物の正常な脊髄後根を圧迫しても、痛みを伝える侵害受容線維を含めた求心性線維の持続的発射活動は誘発されない。

【動物実験をしても痛みを出さなかった】

しかし、あらかじめ傷害しておいた脊髄後根を機械刺激すると、持続的なスパイク発射が誘発される。

バルーンカテーテルを使って正常人の脊髄神経根を圧迫すると、錯感覚(paresthesia)と感覚鈍麻が誘発されるが痛みではない。

【神経を圧迫しても、錯覚は起こすが、痛みは出なかった】

正常な脊髄後根を牽引しても痛くない。

【神経を引っ張っても痛みを出さない】

しかし、傷害歴のある脊髄神経根を鑷子で圧迫したり、縫合糸をかけて牽引したりすると、特徴的な神経根痛が走る。

【ただ、神経自体に傷がついていると痛みが出る。】

 

とはっきり記載されています。 また神経の問題であれば、外科的手術でうまくいかないパターンの説明がつかなくなってきます。 

2・手術をしても改善しないのはなぜ?

手術を2回、立てなくなりました。

詳しくはこちら
 〇椎間板ヘルニアの手術を行いました。1度目に手術した1か月後に、ヘルニアが残っているといわれ、2度目の手術を受けました。 2度目の手術をした後に、ベッドから起き上がろうとしても立てなくなってしまいました。 足が上手に動かないし、バランスもとれずに再度横になってしまう。 再度立とうとしてもバランスが取れないし、歩けないし、4か月後に退院したのですが、一向に良くならないし、立てない、歩けない、腰から足先が痛い。それから、4年ほどたっていますが、トイレに行くのがやっと。足のしびれ、が止まりません。

手術をしたらヘルニアがなかった

詳しくはこちら
 ヘルニアと言われてこの前手術をしました。しかし、手術が終わってから、先生に聞いてみると、ヘルニアが見つからなかったために閉じました。と言われてしまいました。保険も使えずに15万円を払うようになってしまったのです。

手術してもい以降に痛みが変わりません。

詳しくはこちら
 腰椎ヘルニア手術を行いました。しかし、手術後の現在3週間ほどたっていますが、未だに激痛があります。 病院では、神経が圧迫していたのでしばらくすれば痛みは引きますといわれているのですが、本当ですか? 腰の激痛、足のしびれが辛いです。

なぜ手術をしても思うような成果がでないのでしょうか?

以下は満足度調査の結果になります。

「慢性腰痛症」に対する

「脊椎固定術の術後調査」

(腰の手術において)

おいて医師側は30%の

患者さんが有効であったとしているのに対し,

患者側の調査では 7% しか

有効だとは言わなかったとしています。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

詳しくはこちら

慢性腰痛症」に対する脊椎固定術の意義
 会長招待講演としてスウェーデンのAlf L. Nachemson先生による「脊椎疾患ケア改善のための研究」と題した講演が聴けたことは最も有益でした。彼はいわゆる腰痛疾患研究の大家であり,世界中の脊椎に関する研究者たちにとって脊椎バイオメカニクスの分野を中心に研究の拠り所となる論文を多く著している1人です。この中では,「慢性腰痛症」に対する脊椎固定術の基礎的研究について解説されました。  現在,世界中の脊椎外科医によって慢性腰痛症に対する脊椎固定術が行なわれていて,その適応は医師の経験と患者さんの状態および希望により行なわれているものの,必ずしも手術による効果が予測したほど得られないことも多いという背景があります。それにもかかわらず,近年は脊椎インスツルメンテーションという金属ロッドとスクリューによる強固な固定術が世界的に施行されていることは事実であり,これに対する1つの警鐘でありました。もちろんこれは「少しでも症状が楽になること」を願って医師と患者の同意のもとに行なわれていることなのですが,講演では「慢性腰痛症」に対する脊椎固定術は「益少なく,害多し(Little benefit,High risk)」であり,変性すべり症を合併していても,腰椎固定術の価値は少ないと述べました。  また,医師側の臨床的評価と患者自身の手術に対する評価が大きくかけ離れていることにも問題があると指摘していました。彼の調査ではスウェーデンにおいて「慢性腰痛症」に対する「脊椎固定術の術後調査」おいて医師側は30%の患者さんが有効であったとしているのに対し,患者側の調査では7%しか有効だとは言わなかったとしています。米国でも医師の評価では45%が改善したと評価しているのに対し,患者側の評価では10%しか有効だったとは述べていません。整形外科手術は元来,機能再建外科であり,特に脊椎は疼痛改善のために行なうことが多く,他の内臓手術と異なり,いわゆる手術の絶対適応というラインが引きにくいことから,このような医師側の過剰評価,患者側の過小評価が生じ,両者のギャップが生ずるのですが,換言すれば真の手術適応がいかに少ないはずであるかを指摘したのでした。  また彼は脊椎画像診断(MRI)における椎間板変性(degeneration)の所見について,30歳代においては30%,60歳代においては80%までが無症候性であると述べ,さらに椎間板膨隆(bulging)の所見があっても50-80%は無症候性であると追加し,診断過程において画像所見にとらわれ過ぎないことも重要であると指摘しました。  さらに思春期に生じる特発性側彎症における保存療法としての装具療法は有効性が少ない割に患者さんの心に大きな傷(scar)を残すと指摘し,また一般的な体幹ギプス固定がいかに脊椎に対する固定力がなく,無効であるかをビデオにより示しました。なんと脊椎ギプスを装着したまま自由にマット,床運動,吊り輪などの体操競技をさせ,医師の常識を覆し,会場に苦笑いを誘ったのでした。慢性腰痛症に対する脊椎固定術はあくまでも効果が少ないことを繰り返し協調し,「患者さん自身が精神的に安定していなければ成功しない」(steady mindにおいてのみstabilizeされる)と講演を結んだ言葉は印象的でありました。

ここまででお伝えしたいことは、しびれ = 神経 が常識だったはずですが、 一定数、手術でも改善できない人がいます。 それはなぜなのか? 

今は手術で改善ができなかった場合に、「打つ手がない」 とも言われます。

手術しても悪化した例
 

5年前から「脊柱管狭窄症」で苦しんでいます。時が経過するほど症状は悪化し5か月前に最後の手段としてT病院の名医の「脳神経外科部長」になんとか手術してもらいました。しかし残念ながら経過は益々悪化しもう大阪周辺の大病院にはほとんど行きました。医師によっては「もう打つ手がない」症状は腰痛とともに両足の強烈な痺れが24時間続くため睡眠もとれない日が続きます。

 

3・痛みのない人の7割にヘルニアがある

4・当院のしびれの話

病院の先生は、みんな知っています。 診断で、画像を見て、判断していますが、画像と症状が一致しないこと。画像だけでは判断できないことを病院の先生は知っています。

レントゲンの画像と症状は違う

東北大医学部脳神経外科・冨永悌二/吉本高志

まったく症状のないボランテイア群でMRI画像を比較検討した研究で、

全く症状がない人の76%に椎間板ヘルニアが存在する

症状がなくてもヘルニアがある
 

東北大医学部脳神経外科・冨永悌二/吉本高志

形態学的異常を症状の原因としてみることの否定

まず、病因・病態について最も衝撃的な意識変化は、椎間板ヘルニアのような形態学的異常が必ずしも腰痛を起こすとは限らない、ということである。これについてはBoosの研究が印象深い。これは、年齢、性別、職業などを一致させた椎間板ヘルニアで自覚症状のある患者群と、まったく症状のないボランテイア群の両群間でMRI画像を比較検討した研究で、無症状ボランティア群で76%に椎間板ヘルニアが存在することを示している。つまり、椎間板ヘルニアがあっても必ずしも腰痛が起こるとは限らないわけで、症状の原因が他にあることが示峻された。では、症状の原因はどこにあるのか。Boosは、同じ研究で症状のある、患者群と無症状群の間の相違点を詳細に検討し、その結果、ヘルニアによる神経根圧迫例が、患者群に有意に多く、ヘルニアの程度も患者群で高いことなどを指摘した。さらに興味深いことに、両群間には仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度、仕事への満足度、失職など)や精神杜会学的な要素(不安、抑うつ、自制心、結婚生活など)といった心理的側面でも有意な相違が見られることもわかった。

脊椎の形態異常が必ずしも腰痛症状を伴わないことは、臨床でもしばしぱ経験される。まったく症状のない人の脊椎でも、腰椎に限らず頚推、胸椎で椎間板の後方突山を認めることはままあると菊地先生は指摘する。また、加齢とともに脊椎の変形頻度は高くなるが、腰痛の発症頻度との相関はないことが、先生の集計でも確認されている。

ingelheimer 57

 

ここまででお伝えしたいことは、実際の現場では、矛盾が生じているのです。 〇手術しても変わらない症状。 〇正常な神経には痛みしびれは出ない〇画像検査では痛みがない人の7割にヘルニアが見られている。 

つまりは、神経を見ていてもうまくいかないほうが多いのです。 

4・当院のしびれの話

しびれとはなんでしょうか?では結局はしびれは何が原因で起きているのでしょうか? 当院では しびれの考え方は ドクターファイファーの治療

を参考にしていました。というのも 「しびれ」を16種類に分けられます。 

簡単には、 

筋肉からのしびれ

血流からのしびれ

内臓からのしびれ 

炎症からのしびれ

等、神経のしびれも考慮しながらもそれ以外で16種類に分けることができます。 

多くの人は1つのしびれのタイプではなく、複合していますので、  一般的な治療では改善が難しいかもしれません。 

神経を切断したしびれが改善した時は、この治療法は間違いないと再度確認できました。

郡山 東口整骨院

「ホームページを見ました」とお話ください 

☆「料金の確認」はこちら

郡山 東口整骨院までは

963-8811 駐車場6台有

福島県郡山市方八町2-5-16NOVA東口ビル1F 

郡山 東口整骨院までの行き方

024-942-0222

 
 

郡山 東口整骨院


郡山 東口整骨院のホームページを見ていただいてありがとうございます。

 

当院は、郡山市の郡山駅前に2014年の1月に開業して、述べ施術人数は35000人以上の方々を診させていただいております。

 

あなたは今、どんな気持ちでこのホームページをご覧になっているでしょうか?

にはがあります。 

1つの症状を16種類に分けて検査し、治療できる技術。 これが一般的になれば、どんな病気にも、どんな痛みしびれにも、治療できると考えてます。

 本当に世界中の体で困っている人を助けたい。 その思いで毎日患者さんに

向き合っております。 

たった一度の人生のすべてを賭ける価値ある仕事であることを

「先生のおかげで本当に楽になりました。ありがとう。」

今の治療方法を世界に広げ、世界の病気を治し、体から辛さを無くします。

    佐藤 賢

ぜひご相談してみてください!


当院のおこなう整体と一般的な整体・整骨院など他との違いは

内臓や自律神経などの本当の原因にアプローチができる

めまいを治療するには、内耳のことから、脳の問題を見るだけではなく、内臓や、16種類の問題を見る必要があります。原因を探っていくと内臓や自律神経の不調があります。

楽にあるのは一カ所だけではない

当院の施術は悪くなっているところへアプローチをおこなっていきます。

だから楽になるのは一カ所だけではなく、全身が良くなった結果としてさまざまな症状が楽になっていきますよ!

ソフトな整体で動きが変わっていくので変化を実感できる

施術前にはめまいで動けなかった人が、起き上がるのにスムーズに起きられて、ビックリしていただくことがあります。

力が入らなかったのが施術後には「ウソー!」というぐらい力が入るようになります。

自分で楽になれる方法も知ることができる

当院ではセルフケアの指導にも力をいれています。

「どうすればいい状態を維持できるのか?」そんな方法をお伝えしています。

再び痛みで悩まされることがないように誰でもできる簡単な方法です。

どこに問題があるのかをはっきりとお伝えします

あなたを悩ませているその痛みは「なぜ痛くなったのか?」「どのような生活習慣がいけないのか?」「どうやって良くなった野くのか?」など疑問を持たれている方は多いと思いますので、はっきりとわかりやすくお答えさせていただきます。

 

東口整骨院への行き方 

質疑応答

治った人の声はこちら