離脱症状をなく薬をやめたい

県外から、また、いわき市、郡山市、福島市,会津若松市、須賀川市、南相馬市,伊達市,白河市,二本松市,喜多方市,田村市,相馬市,本宮市,さまざまな市町村から来ていただいております。

当院は神の手を持つ治療院に選ばれています。

この本では

東北唯一の

神の手治療院

に選ばれています。

全国の治療家が当院の治療を学びます。 

※このページは情報の一部です。自分で調べ自分で判断していただくことをお勧めします。

※ここのページは主にうつ病、めまい、メニエール病の方の薬に対しての説明をしていきます。詳しい説明は下のページで行っております。

 

めまい・メニエール病はこちら

自殺を考えるほどの 頭痛 はこちら

 

離脱症状の辛さ 体験談

初めまして、薬の離脱症状に苦しんでいる者です。知識豊富な方の経験者のアドバイスをいただきたいと思い質問しています。 私が持っているのは不安障害です。 仕事などで緊張してしまうと、手が震えてしまって生活に差し支えていました。それで病院にいき医者から薬をいただき、緊張した時に飲むようにして1日8錠飲んでいました。 薬が最後になり、終わったとに離脱症状のような症状が出てきました。 最初は耳鳴り、眼圧の異常な感じ、動機、やはり手の震え、頭の後ろがしびれる感覚。最初よりは軽くなった感じがあるのですが、それでも夜になると症状が増します。なんとか仕事をしている状態です。 改めて質問なのですが、 このまま頑張って断薬したほうがいいのか・・・それとも減薬したほうがいいのか・・・人生の岐路とも考えるほど悩んでいます。 どうかよろしくお願いします。

【改善した声】10年ものめまいが薬なく過ごせるように

緊張すると肩や首が張りめまいまで出るようになり、筋弛緩剤を服用しながらの日々を過ごしていました。ストレスを軽減出来るように生活しながら薬の使用を少なくしていましたが、職場環境の変化と共にめまいが徐々に悪化し仕事に支障をきたす程に、、、そんな時に東口整骨院の前を通りかかり、すぐに電話しました。10年間続いためまいですが、治療されて1ヵ月経った今では内科で処方された薬は必要なくなる程めまいが改善することが出来ました!ここに来ることで様々な角度から治療していただき、症状だけではなく健康そのものへの意識が変わりました。40代 男性

※写真と声はお客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

離脱症状をなく薬をやめたい

https://youtu.be/Jrrn80F4Y7M

めまい・自律神経症状に薬をやめるためには

めまい・自律神経の症状に対して薬をやめるためにはどのよういすればいいのでしょうか?  薬を飲むということは、薬で症状を抑えているという状態であり、薬をやめると再度症状が強くなってしまうことが一番の薬を手放せない理由だと思います。 【離脱症状】 

他には薬しか症状を緩和する方法を知らないという理由も薬を飲んでいる理由の一つかもしれません。 

 中には薬では何も変わらないけど、飲んでいる人もいます。 このような方は一番薬を手放しやすいですね。 飲んでも変わらないのであれば、飲まなくても変わらないのですから。 ここでは離脱症状も含めて説明をしていきます。

・離脱症状をなく薬をやめるためには 

どうやって薬をやめていけばいいのでしょうか? 

当院のほとんどの患者さんが言います。「薬なんて意味なかったね」

 私は医者ではありません。薬の指導はできませんので、患者さんの選択に任せております。 

 

離脱症状の前に考えるべきなところが、「薬で一時症状が緩和している」ということです。 

なぜ薬で症状が緩和できているのか? 

それに対しては、

なぜ? めまい・自律神経症状が出てしまったのか? 

の理由がわかれば明確です。  

 めまいのページでも説明をしていますが、このように私が言えるのは、 

「治療方法は めまいの治療を探していた」

わけではなく

「母の癌を治すための治療方法がめまいにも有効だった」

という理由が「めまい・メニエール」を他院よりも別な角度から見ることができる特徴があります。 

 この治療方法では「めまい」という症状をを一つとっても、16種類の症状 に分けることができるのです。 

 つまり多くの人は、「メニエールです。」と言われるだけであり、 当院ではそこから16種類の原因に分けて検査しているのです。  

めまいが治らない理由 

16種類に分けられるが

わからない治療家が多い

薬で症状が変わる原理 と めまい・自律神経の本当の原因

上で説明したように、16種類にめまい・自律神経を分けることができます。 その中でめまい・自律神経症状が作り出される原因が絞り出されてきました。その理由とは・・・

内臓がめまい

自律神経症状を

作っている 

内臓が症状を作っていることがすべてのめまい・自律神経症状の方の特徴があったのです。 

内臓が症状を作っているとは?

内臓の説明をしているとほとんどの方が

病気ですか?

病院で診てもらったほうが・・?

と聞きます。

まずが、内臓が症状を作っているのは、病気ではありません。 これは漢方での考え方の一つであり、わかりやすく言うと、内臓に元気がないのです。 内臓が元気がなければ、内臓は硬くなるイメージをしてください。 この内臓の硬さが、体のさまざまに症状を出すのです。

自律神経の症状の中では、

頭が重い、頭が働かない感じ

フワフワした感じがでる。

だるい、疲れる感じ

これが最初のベースの内臓からの症状(内臓の硬さの結果)になります。 内臓からの症状は大きく4種類に分けることができます。 

他には

一時的に強い症状が出る(頭痛・吐き気・動機・不安感)

症状に波が出る・日によって症状が変わる

安定していたので一気に悪化した。

等が内臓からくる症状です。 これを説明したら、絶対にあなたもどれかに当てはまると思います。つまりは薬をやめる前に、内臓を強化・元気にしてあげないといけないのです。

ベースに内臓が元気がない状態で、薬というのは、内臓を無理矢理、働かせているものだと思ってください。内臓が弱っている状態で、薬で働かせて、安定している状態で、薬をやめたら内臓はまた弱った状態になるのがわかりますね。

【離脱症状】

まずは薬をやめても平気な内臓を作っていく必要があるのです。 それが検査し、明確にお伝えできるのが、私の強みになります。 

考え方に関しては(※治療家用)↓↓ 

治療家用に勉強できるページ

 

離脱症状をなく進めるためには、ここまで説明をしたらあとは簡単ですね。 内臓が元気になれば、

薬を頼らない体になり

薬をやめることができる。 

注意

実は体の体質は構造的体質と 内臓的体質の2つがあります。 離脱症状が関係してくるのは、内臓的体質の方なのでこの説明をしていきます。

自律神経・めまい・ 内臓的体質とは?

まず大前提 離脱症状はいつ起こるのか? を知ってもらいたいです。 

薬に頼っていますので、薬を減らしたその日に起こるものと思ってください。 夜に飲む薬であれば、次の日の朝に症状が出ます。 

患者さんにも実際にいますが、もしかしたら、あなたもこのような経験はありませんか? 

薬を減らして3日後に症状が悪化しました。 

これがポイントです。 これは離脱症状ではありません。 

離脱症状は

薬をやめて

その日に症状が出る

そこで内臓的体質の説明をします。 内臓的体質とは、 食事によって内臓が弱ってしまうことが多い人です。 この内臓的体質は、自分に合う食事、合わない食事をしっかり把握していないと

頭が重い、頭が働かない感じ

フワフワした感じがでる。

だるい、疲れる感じ

一時的に強い症状が出る(頭痛・吐き気・動機・不安感)

症状に波が出る・日によって症状が変わる

安定していたので一気に悪化した。

が、出てしまうのです。そうすると離脱症状と勘違いしている人が多いかもしれないのです。そして食事の検査ができるのが私の強みでもあります。 

最後に薬をやめたいと思っている方へ

薬をやめたいとも考えているあなたは、今の症状に非常に悩んでいます。 

薬に頼ってばかりではだめだ、

薬がなくても健康な体でいたい、

だからこそこのページを読んでくださって情報を集めいているのです。 もし遠くてどうしても・・・というならば、お電話ください。 アドバイスならいくらでもします。 どうか、お体で悩まないでください。

いますぐにご予約されるお客様へ

高校生以下 完全無料 ※詳しい料金はこちら

当院は完全優先制です。 お電話でご予約下さい。
受付が「慈源堂東口整骨院です。」と出ますので
「ホームページをみて、予約したいのですが・・・」とお伝えください

footer-ttl

住所
〒963-8811
福島県郡山市方八町2-5-16NOVA東口ビル1F
交通
JR郡山駅より徒歩3分・慈源堂東口整骨院に駐車場6台あり
代表者
佐藤 賢
TEL
024-942-0222
 

,離脱症状 ,離脱症状とは ,離脱症状 頭痛 ,離脱症状 治る ,離脱症状 薬 ,離脱症状 めまい ,離脱症状 頭痛薬 ,離脱症状 めまい 改善 ,離脱症状 めまい 対策 ,離脱症状 めまい 吐き気 ,離脱症状 めまい 薬 いわき市,郡山市,福島市,会津若松市,須賀川市,南相馬市,伊達市, 白河市,二本松市,喜多方市,田村市,相馬市,本宮市

faceBook