手術したくない人へ

手術せずに改善した人

ページ概要 → クリックで移動できます。

1・手術せずによくなった人たち

2・いつ手術するべきなのか?

 (手術しなさい→1ヶ月で改善)

3・手術せずに治すためには?

 (手術するタイミングは?)

2・☆いつ手術をすればいいのか?

まずはどのような場合に手術が必要なのでしょうか?そこから考えれば今の体が

手術が必要なのか、手術は必要ないのか判断ができると思います。 

 

手術の必要なタイミングは外傷によってのしびれが入っているのかどうか。

 

「外傷」とは何でしょうか? 主にけがのことになります。

・転んでしびれが出ました。 

・高いところから落ちてから、しびれが出るようになりました。

・交通事故あってしびれが出ました。

 

外傷とはけがのことです。 けがが原因でしびれが出ているのであれば大いに手術の検討になります。 

手術しなさい!!と言われて1ヶ月で改善!!

過去にこのような経験があります。

 

交通事故で手術しかないといわれていた手のしびれ。ペットボトルも開けることができなくなりました。

この方は交通事故の患者さんです。福島市から1時間ちょっとかけて来院してくれてました。 基本的に手術をしなくてもよくなります。ただ、手術をするタイミングを知ればいいだけですが、 今回は交通事故による手術対象。

「両手のしびれ」

「ペットボトルが開けられない」

そして医師から

「手術しかありませんよ」

言われてました。 ただ本人の希望もあって、治療スタート。 そしたら、驚くほどによくなりました。

ここでは一般的な「手術」をしないといけない患者さんでさえここまで体を変えることができるものだと確認できた症例です。

「手術しないといけません」

一度ご相談ください。

 

3・☆手術せずに治すためには

ポイントは3つあります。

☆ 1つ目

最初に記載したように、手術するべきタイミングを知ることにあります。 ケガをしてしびれに悩んでいるのであれば、手術の対象です。

 

つまりそれ以外、

3か月以上もしびれに悩んでいる場合

1年以上歩くことが辛いしびれ

病院で治らない場合MRIを取り、手術も考慮しましょうと言われたしびれ

これらは手術せずに治せるでしょう。

☆ 2つ目 手術せずに治すためには

海外の専門家は神経の圧迫は症状を出さないと言っています。

でも病院では背骨の狭さが圧迫が原因と言われています。皆さんがまず相談してくるお話です。

これは何を意味するのでしょうか?痺れの根本原因が腰以外首以外にあります。 

根本原因が手術ヵ所以外に場合に手術してもいい結果が出ない時があります。

☆3つ目 手術以外で治すためには

自分で最良の選択をする。

人によっては、手術以外の選択肢を考えない人もいます。

「手術しましょう。」→「わかりました。」 

ただ、手術したくないと思う人もいます。手術を決定した人のセカンドオピニオンを担当したこともあります。

手術がいいのか悪いのか、最後に決めるのは、自分自身になります。 

 

もし、迷っているのであれば、一度ご相談いただいてから、手術を決めるのも、1つの選択肢かもしれません。

郡山 東口整骨院

新着情報&ブログ

過去の記事

エキテン

faceBook