しびれ ※神経が問題となるしびれ 

2019年11月12日(火)3:03 PM

しびれに神経が問題になったからと言って、手術が必要なわけではありません。 

 

手術が必要なタイミングは、外傷の時。 けがした時です。 

 

アメフトで後ろから危険なタックルを受けるとか、 

高いところから落ちて しびれが出ました、 

交通事故でしびれが出るようになりました。 

 

等が当てはまります。 

外傷後のしびれは、病院の方がいいでしょう。 

 

ただ多くのしびれは 徐々に・・・・ いきなり・・・・

など 話があります。 

これは、 何をして、 しびれが出たのかを説明できない 外傷ではない 場合があります。 

 

ぎっくり腰でもそう。 いきなり・・・って言っても、 いきなりぎっくり腰になる腰になっているわけではなくて、 ぎっくり腰になる 腰になっている状態で、 ぎっくり腰になっているだけなので、 治すところは、 ぎっくり腰ではない。 なんでぎっくり腰になったのかを治さないといけない 

 

そして、 神経が原因して、しびれが起きている状態を確認する場合、 

 

〇後屈時に強いしびれが出る。 

〇運動神経障害 

〇片方のしびれ 

〇楽な姿勢がない 

 

状態になってきます。 

 

これらを参考に検査して、本当に神経の問題なのかを進めていきます。 


  |  

過去の記事

エキテン

faceBook